相互リンクを募集しています. リンクフリーにはしていません 「変形性股関節症及び脊椎分離症」 「小遣い及び仕事に頑張っている方」 「節約系」 「株式及びFX投資」 に絞りたいと思っています。 興味のあるかたはコメント等頂ければ嬉しいです。 尚、Wワーカーなのでお返事が遅れることがあります。その旨ご了承ください

2016年02月14日

衝撃・・今だから書ける退職日記B

退職届を提出した事を1月29日時点で知っていたのは、営業部の部長と次長の2人だけ。
工場の人には伏せていました。
・・「とりあえず、大学病院の検査結果が出てからだ」
・・口が軽い我が身を抑えながら、言い聞かせていました。

29日 大学病院定期検査
担当医が、今年から変わった事は以前にも書きました。
通年、レントゲンだけですが、今年はCTも撮りました。診察費はかかりましたが、確認したかったからです。

診断結果
変形性股関節症 進行期

進行期股関節症
 関節のすき間が明らかに狭くなり、関節軟骨は広範囲に変性・摩耗し、骨嚢胞(レントゲン写真では空洞にみえる)、骨棘形成(とげ様の骨ができる)がみられます。(のぞみ会より)

「進行期に入っているだろう」
・・そういう予測は、体感的にありました・・。
衝撃だったのは・・
進行期関節症、末期関節症となると、関節の中や周囲に骨棘とよばれる異常な骨組織が形成されたり、骨嚢胞と呼ばれる骨の空洞ができたりします(日本整形外科学会)
・・
・・出来てました・・

・・これに尽きます・・予想外だったなぁぁ
会社への・・周囲への配慮を吹き飛ばすほどの効果でした。

病院の帰り道の思案中・・
「・・さて、退職決定!どういう順番で、話を持っていくか・・彼女か・・」
工場にいる役職者は3名。
上司である課長と主任である事務方の女性・・。
この主任さんが、一番の古株で・・
「この人と穏便に話し合いが付けば、課長などどうでもよろしい」
・・そういう存在の女性は、何処の会社にも居るもです。

夕方、メールにて、診察結果が悪かった事と「覚悟」はしておいてくださいという旨を伝えました。
翌朝、主任には状況説明をし、穏便に話を運び・・
課長には、お手紙を書き、退社時間直前に渡しました。

B課長様
お疲れ様です。ご報告したい事があり、こういう形式を取らさせていただきました。

私は、進行性疾患を2つ抱えています。脊椎分離症といって、脊椎が2か所、疲労骨折をしている事。
 もう一つは変形性股関節症と言い、右股関節の形状不良により、負担をかけると、股関節が潰れていくという疾患です。

ここ3,4年、変形性股関節症の症状が年々悪化し、頻繁に催事を繰り返していた時期にも「このままでは持ちません」という話はしてきたと思います。
 課長には、おそらく、「状態が悪い」と毎年の様に言っていたので、気にしていなかったと思います
 昨年初旬以降、負担の増加とともに症状の悪化が著しく、鎮痛剤を使用しないと歩けない状態が続いてきていました。
 先週29日に大学病院での定期検診にて、疾患の状況が「進行期」に入っているのがわかりました。
 今後、再手術も視野に入ってきてしまい、私自身、病状を悪化させたくありません。
家族にも負担がかかりますし・・。
 実質2月27日をもって、会社を退職します。
A常務には、退職の意思を伝えました。
 正直、周囲を考えれる状況を吹き飛ばしてしまう程、疾患の状況が、予想を超え悪化しています。

工場のパートさん達には、2月3日の朝礼の当番の時に、話をします。
それまでは知らない顔をしておいていただけたら、余計な詮索もされません。

少しリハビリをしたいという事もあり、2月28日―3月15日までの有休を提出します。

ご迷惑をおかけします。

工場 ヒモタヌキ父」



・・翌日、大事にはなりませんでした。
そして、工場最高責任者には、「大学病院の診察結果が悪かったです。退職手続きを進めてください」と連絡。
4か月前に退職届を出しているからね。会社側は受け入れざるを得ないでしょう。
パートさん達には、2月3日に報告。
・・脳内シュミレーションで描いた通りに話が進みました。

想像外だったのは、取引銀行から来ている経営コンサルタントの対応でした。
2回ほど、工場に来たのかな・・。
「ISO取得までの6月頃まで、ISO事務方として、やらないか?」
「顧問として、非常勤でいいから残らないか?」
・・そういう話を持ってきました・・会社には都合が良すぎだねぇ

退職届を出した社員に対しても良い話でしょ?
・・狂気の沙汰の如く、全てお断りしました。
理由は簡単です。
@ 私がYESと言った瞬間に、課長が辞表を出す事が、想像がついたから。このタイミングで辞めなければ課長を牽制して、辞められなくなる事が明白だった。

A 私が製造現場から離れた後に、製造現場が、重篤な食品事故を起こしかねない危惧があったから。
無責任な課長職の下で動く製造現場など、危険すぎる。
退職後に、どれだけ大きな事故を起こそうが、私は部外者だ。

B 新社長が嫌いだから・・。退職後に倒産しても構わない。

・・辛辣なんですよ・・割と、ね

公表してから10日・・パートさん達も「実感」し始めて、ざわついてきた。
不安定要素は、課長だ。
想像外の爆弾を投下するタイプだから・・油断はしていません。
大体今年に入ってから・・
 「雪が降ったから」
 「胃腸風邪で・・」
 「母親の病院で・・」(これは実際高齢だから)
週休3日か4日だもの。昨日も笑顔で「母親が・・」と言って早退してるし・・。

良い人だけど、課長職としては、規格外だ。勤務中にスマホを見るくらいなら、食品安全マニュアルを読めよ(怒)

2週間、忙しくなります。更新が途絶えるかもしれません。
ご了承ください。
・・
爆弾が落ちたら・・



にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村










posted by himotanuki-f at 08:30| 愛知 ☁| Comment(4) | 退職日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退職対策 其の壱

「・・ ・・大丈夫かな?・・無理か?」
午前3時過ぎに自宅を出る時には、弱冠、小雨程度で時々降りやんでいた自宅付近・・。

「やっぱり着ていくかぁ〜」
一度は、雨対策なしで玄関を出たものの、引き返して雨合羽着用。但し、靴は普段靴で新聞配達へ・・。

降りやんでいたんですけどねぇ・・4時過ぎから、雨脚が強まって一気に降ってきました。靴は勿論、靴下も水没状態です。
まぁ、こういう事が気にならない性分だから、新聞配達が出来るんですけどね。
・・
・・
さて・・仕事を辞める..というのは既定路線ですが、最低限の対策を取らないといけない。
完全リタイアできる年齢でもないですし、大体、亭主が平日昼間から、自宅でゴロゴロしていれば、夫婦仲が険悪になる事は、安易に想像できますし、ご近所の視線もある。
・・よろしくないよね・・

私は、自分自身を過大評価していない。
これは、嘘偽りの無い大前提なんです
学歴、資格、身体能力、年齢・・
・・偶然と悪運と気まぐれで、今日まで社会人をしてきましたし、「肩書」も付録としてついては来たが、
悪運だけの人生だからねぇ...

正社員としてのキャリアの終了ベルは、退職届を出した時点で鳴りました
低所得中高年アルバイターとして・・20代前半以来の・・フリーター生活になりますね・・。
・・結構・・否・・かなり楽しんでる自分がいる・・

・・とりあえず、まだ2週間は会社員ですし、出入り業者も上司(課長職の上の上司)、ISOコンサルタント・・誰も彼もが・・
「こいつが、在職中にやれるだけやらしてしまえ!!」
・・「少しは休ませろよ!!」という心の声を。掻き消す様に業務を入れるものだから、まるで休めない。
27日までに一度、ハローワークにも行きたかったのにさ・・

現状でやっているアルバイトを強化するしかない。
@ 21日から新聞配達の配達部数を増やす事で、専売店側と交渉し成立しました。これで+5000〜かなぁ
最悪、企業年金の掛け金を止めることになるかもしれません。

A 広告ポスティングは、請負先担当者から「配達エリア」の追加を打診されたので了承。丁度、タイミングが良かったね。具体的には今後、話し合いをします。成立すれば、ヒモタヌキの小学校授業料を完全カバーでき、「生活費」の対象外に出来る
・・
これ以外で、あと2か所バイトを入れるつもりです。
目標、月収15〜20万円でしょか・・。
パズルのピースを埋める作業ではなく、福笑いに近いわね・・。
yjimage.jpg

今回の退職の結果・・少しでも図書館で過ごせる余裕と通勤時間に追われるような生活を避ける事。
最低限の生活費を確保する事・・。
奥さんがパートに出て、健康保険料等、年間50万円程を補填してくれれば十分です

後は・・私の老後はヒモタヌキに託そうかな・・
立派に育って、親孝行してくれ給え! 父上は期待して、空のジョッキを持って、待っているよ〜




にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村












posted by himotanuki-f at 07:11| 愛知 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

給料の振り分けとおめでとう

本日13日は新聞配達がお休みです・・
・・ですが、週末が雨模様という事で、午前3時から広告ポスティングをしてきました。
途中、雨に降られましたが完了。そのまま仕事に行くつもりでしたが、少し早く終わったので一時帰還です。

2月に入って直ぐに体調不良と退職騒動で、すっかりスルーしていましたが・・

ヒモタヌキ  英検5級 合格!!

すったもんだしましたが、しっかり結果を出しました。ご褒美は、2月の小遣い2倍UP!
昨日、3DSのゲームソフトを買いに行ったそうです。

給料の振り分けも小遣いの振り分けも、やっていませんね。
今月は簡略で・・

刹那の給料振り分け・・
 
会社員給料・・2○万円・・○○対策で口座待機
 ・・ ・・○○に入る言葉がわかる方は、立派な転職通ですね(苦笑)

バイト代・・46162円
2月分小遣い・・30000円
財布の中身(13日現在)・・16583円
当月支出合計13417円


通勤定期・・約1万円
・・退職前提の通勤定期購入なので、6ヶ月定期ではなく、1ヶ月定期に変更していました。

・・さて・・今日出勤すれば、明日は休み・・。
残り2週間の勤務です・・ですが・・私の業務を上司が把握しようとしていないんですけど・・
知ろうとしない人に、業務を引き継がせる義務はない。
@ 課長職は係長職より優秀だから上司なのだ
A当然、部下の業務は上司は把握している筈だ。
B親切丁寧に教える必要もなく、自己の裁量で遂行できるのは当然だ

・・怪しい三段論法で、これまた知らない顔をしています
パートさん達から「28日から、どうなるんだろう」という声が聞こえてくる・・

・・辞める会社など、知らん!!・・心の声ですね

・・有給消化に入ったら、スマホの電源を切るか電話番号自体を変更してやろうか・・
・・只今思案中です




にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村








posted by himotanuki-f at 05:26| 愛知 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

激怒・・今だから書ける退職日記A

昨年12月1日頃の私の心理としては、退職届を出してはいたものの、「本当にに辞めるの?」という半信半疑な部分がありました。
退職届も宙に浮いたような状態でしたしね。

勤務している会社は、父親が社長、母親が経理の役員、長男が専務という典型的な同族会社。
構図としては「父親」対「母親 息子」という家族関係だった。
急逝した2代目社長というのは初代が創業した後を継ぎ、「現場好きな社長」でした。若い頃は、工場で従業員と一緒に走り回っていたそうだ。
まぁ、のんびり机の上で仕事していられる状況でもなかったのでしょうけど・・。

私が入社後も、殆ど休みも取らずに工場へ出勤し、本社(別の場所にあります)には月1回行くか行かないか程度・・。
本当に現場好きな人だった・・。
私が入社するまで、PCを初心者レベルでさえ使える人が居なくて、役所関連の書類作成や提出書類を作っては、車に同伴させてもらい、役所まで日参したりもしました。

可愛がってもらっていたのか、いい様に使われていたのかは微妙ですし、晩年の1年程は「衰えた感」が強くて「???」な部分も多かったですが、基本は「良い社長」だった・・。

急逝した時、通夜や葬儀には、工場の全ての人が出席。その中には、20年超の勤務しているパートさんも多数含まれていました。

通夜では喪主の「当たり障りのない挨拶」がありました。
葬儀が終わり、1週間、10日、2週間、3週間・・。
私達、庶民でさえ父親が死去すれば手続きで、1週間程度はバタバタするでしょう。それが経営者であれば、後継ぎはなおさら忙しいだろうね・・それを理解しない程、私は頑迷ではないつもりだ。

・・
・・

2週間、3週間経っても、息子である専務も経理役員である夫人も来ない。
1日来い!と言っている訳では無いですよ。朝、朝礼の時間に合わせて5分でも良いから、顔をだして
20年を超え、働いているパートさん達に、菓子折り1個持ってきて「ありがとう」の一言があってもよくないか?
私は非常識な人間だから、自分の見識に自信はないが、間違っていますか??
訪問してくださっている方々の良識を伺いたいものです。

息子が来たのは、1か月を超えた年末の仕事納めの日・・・
朝礼の時間に合わせて来て挨拶・・
「社長の葬儀の時は、ありがとうございました(一応言ったな)今、社長の咳が空席ななってしまいましたので、自分が来年1月に社長に就任します。宜しくお願いします・・」

・・阿保か?
葬儀の後すぐに来て、葬儀に出席してくれたお礼を言って、その後1か月越えた辺りで「就任云々・・」の話をするなら、納得も出来る。
「自分の父親と10年、20年働いた工場従業員」達に失礼だろ?
何を宜しくしたいんだ?
・・
工場事務所にある社長のデスクの引き出しの中身を、何故か全て机上に出し・・何故??何がしたいの??・・早々に工場を後にしました。
ISO取得に向け、昨年から工場は大幅な設備改善をしている。わざわざ工場に来たのに、その日も、工場内に入って視察もしていない。馬鹿じゃないのか?
トップマネジメントというのは机の上だけで成立しているものでもないだろうに・・。
ましてやトップの求心力が全てだと言っても過言ではない同族会社で、だ。

工場事務所は、社長の私室みたいなもので私物も多い。
・・社長の机の上に積まれた書類
・・棚の中にあるアルバムや石原裕次郎のカセットテープ・・昔行った慰安旅行で撮った元気な頃の社長の写真など・・
急逝から2か月・・
2月11日時点で、未だ放置されたまま・・何一つ片付けられていないよ。
家族に放置されているようで・・見る度に、哀しい・・

1月中旬・・新社長 就任

とても鎮痛剤を多投しながら「この人の下で働こう」・・そういう気持ちになれませんでした

・・ ・・大学病院定期検査の2週間前です・・



にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村












posted by himotanuki-f at 05:42| 愛知 ☀| Comment(2) | 退職日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

変形性股関節症・・今だから書ける退職日記@

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」・・そわそわした気持ちで眠りに入ると、目を覚ますのが早い。
退職に至る道筋を、少し整理する過程で、変形性股関節症という疾患は、明確に説明しておきたい。
・・とはいえ、私には文才は無いですし、長くなる・・外部リンク頼みにします

NPO法人 のぞみ会
http://www.npo-nozomikai.jp/info-henkeisei.html
公益社団法人 日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/hip_osteoarthritis.html

約10年前、この疾患を発症し、4段階に区分される「前期」から初期へ移行している段階で、棚形成術を受けました。
棚形成術とは・・http://kokansetsu-itami.com/kyuugaikeisei/5192/

術後、4,5年は「まぁまぁ良好」でした。選択した職業が不適切な(?)「立つ、歩く、重いものを持つ」という狂気の沙汰のような仕事に終業した為(自業自得)、悪化するのは当たり前の状況でした。
6年目以降、年々悪化する労働環境に正比例するかの様に、股関節の状態も、好不調の波が、不調の方がより多くなっていきました。

昨年4月以降
人員不足の深刻化と、それを放置していた社長
そして・・自分の息子に・・「専務」にやりたい放題させていた「社長」と「社長夫人」

昨年5月の記事を書いた頃です
http://kodukaityou.seesaa.net/article/419196907.html

股関節の状態が悪化が加速度的に進んでいるのを実感していました。
会社では更に、一人辞め2人辞め・・状況が悪化していく中で・・

この頃には、既に退職を決断していました。
・・プログには書けませんでしたが・・(すいません)・・
この頃です・・http://kodukaityou.seesaa.net/article/428264473.html

早朝の始発電車を、駅のホームで待つ中年サラリーマン。そこへ1通のメールが届く。
「今日はしんどいから)休みます」
 注:名古屋弁?身体が重いとでも解釈するのかな

こういうメールは時々、普通に送られてくる。
人間誰しも「どうでもいいや」・・そう思う事はある。私も例外ではなく、「勝手にしろ」という気分。

会社内の序列のbQが工場の最上席・・A役員
10月27日
忙しいA役員が、工場に来ていた時に捕まえて・・

「これをお願いします」

2016年3月15日付 退職届 提出

通常、自分の直属上司を通して提出するものですが、直属上司様に出せば、部下の退職届を上に通す前に、上司自身が退職届を出すだろうね。そういう人ですから・・。

この辺の事情は特異で、会社内の序列では課長―係長ー主任という序列があり、私も建前上、それを通しています(当然ですけど)
ただ、実務上、工場の運営・・生産計画 品質管理、在庫管理、外部業者との折衝、ISO取得の為の実務等々
・・工場の実質的上席であるはずの課長職ではなく、係長職が決済させ、報告と承認はA役員に、事後報告は課長にという形を取っています。
・・
不思議でしょ?・・理由は簡単ですけどね・・想像にお任せします。

プログ内で、記事にしなかった理由は・・

「提出はしたが、受理はされていない。A役員のところで”それなりの時期まで”止まっているだろう」

何せ退職日が4か月後設定ですから・・。通常1か月後で提出するものですけど、周囲への影響と会社側への礼儀として・・です。

訪問して頂いている皆様には、申し訳ありませんでした。お詫びいたします。
状況が、どう転ぶか想定できなかったものですから・・。

そして・・
11月末・・
社長が急逝しました。
ここ数年、入退院を繰り返していましたし、容貌も明らかに悪化していましたから「それなりの病気」だったのでしょう。
8月のお盆休みから工場へ出社しなくなり入院。
9月の日曜・・私が休日出勤した日に・・工場へお忍びで来て・・あれが最後に顔を見た日だったんだな
最後まで、工場を気にかけていた社長でした・・。

・・合掌



にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村














posted by himotanuki-f at 03:05| 愛知 ☀| Comment(4) | 退職日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする