相互リンクを募集しています. リンクフリーにはしていません 「変形性股関節症及び脊椎分離症」 「小遣い及び仕事に頑張っている方」 「節約系」 「株式及びFX投資」 に絞りたいと思っています。 興味のあるかたはコメント等頂ければ嬉しいです。 尚、Wワーカーなのでお返事が遅れることがあります。その旨ご了承ください

2013年12月26日

何もしない・・それだけです

悪逆な住宅金融公庫{当時}から。住宅ローン支払いの35年分の明細書が届いた時、私の中で「貯金意識」が初めて芽生えました。
奥様に「6年間返済宣言」して以降、何をしたのか?
・・
芽生えた割には、実は大したことはしていない。
Wワークを始めた事くらいか。
会社が終わった後に19時〜23時頃までパン屋さんで成型のバイト。月額3〜4万円位の収入増になりましたが、これローンの為だけではなく、「会社に飽きて、他の仕事を覗き見してみたかった」事のほうが大きい理由でした。
短期バイトを入れていたのは20歳代の頃からの癖みたいなもので、会社の仕事に嫌気がさすと、他の会社が気になりバイトするというのは、私にとって特別な事ではありませんでした。

この当時30歳〜37歳の私の年収は550万円〜620万円へ上昇して行った時期でした。役職も主任から係長へ昇進していたのが、大きな理由です。

収入が増加し、尚且つ結婚しながら生活をまるで変えなかった

私が住宅ローンの支払いに際し、採った方法はこれだけなんです・・大した事してないでしょう?
性格なのでしょうが、30歳代 会社員で係長職、年収600万円前後・・であっても、平気で20歳代前半の若い子に使われながら、時給800円位で、メロンパンやあんパン、クリームパンにカレーパン・・等の成型バイトが出来るのが特技か・・

この生活を送ったことで、奥様には、かなり不満を抱かせたことでしょう。
これだけが唯一の反省であり、不徳です・・よく我慢してくれたものです。
そして、住宅ローン完済の最大の理由が「奥様の我慢」だと思っています
ローンが無くなれば楽になる・・誰もがわかっていながら、出来ない理由が「我慢出来ない」事ではないのかな{?}

住宅ローンの繰越返済
住宅ローン繰越返済は誰もがする方法ですが、繰越返済をした時に、それ以降の支払方法を見直せますね。

@毎月の支払金額を変えずに、返済期間を短縮する
A返済期間を変えずに、毎月の支払金額を減額する

この2つの選択ができます。私は繰越返済をする度にAを選択しました。
これで毎月の貯蓄額を増加できるからです。

では・・誰にでも出来そうな単純な住宅ローン返済のまとめ

30歳
住宅ローン 借入れ
金融公庫1200万円 
銀行  800万円

手持ち資金700〜800万円

31歳
手持ち資金全額放出
銀行ローン 800万円完済
給料が入らないとタバコも買えない状態になりました。貯金は万の単位で0円。

32歳
金融公庫 300万円 繰越返済

33歳
金融公庫 300万円 繰越返済

33歳
金融公庫 300万円 繰越返済

34歳
金融公庫 300万円 繰越返済

毎月の支払いをしながらも、合計1200万円完済したのが34歳頃。
当然、貯金などなく万円単位で0円のすっからかん状態。

早く抵当権を外せ!・・みたいな至極、単純明快。
数字だけ見れば、難しいことは何もしていない。
ローンさえ終われば、後は固定資産税の年間12万円が生活費における住居費。
サラリーマンの天敵の一つ、住宅ローンを30歳代前半で退けたのは大きかった。
それは40歳代へ入っていく中で、次の天敵「教育費」がやがて来る事で住宅ローンがない事の効果は多大です。
・・しかし・・
この時の私は34〜35歳当時の私には想像もしていませんでした。

想う事
若い頃、20歳代の頃は、自分の30.40歳になった時の事を想像できません。幾ら年上の人に説教されようが、20歳やそこいらで、40歳になった自分を考えられるわけがない。
私は20歳当時、バブル期には「一生、フリーターで、のほほ〜んと生活できる」と確信してましたよ。

然し、20歳代、30歳代、40歳代というのは、それぞれが単独で存在するのではなく、連鎖しながら続くものだから、20歳代で「何をやり、何を残せたか」で30歳代が決まると言っても良いかもしれません。
当プログに訪問してくださる若い方には、年代ごとの連鎖性を少し意識して頂ければいいんではないでしょうか。

個人的には、もうすぐ数年で50歳代に入るので、残り少ない40歳代を思案中です

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

親父日記 ブログランキングへ

育児・小学校低学年 ブログランキングへ






posted by himotanuki-f at 04:35| 愛知 ☁| Comment(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: