相互リンクを募集しています. リンクフリーにはしていません 「変形性股関節症及び脊椎分離症」 「小遣い及び仕事に頑張っている方」 「節約系」 「株式及びFX投資」 に絞りたいと思っています。 興味のあるかたはコメント等頂ければ嬉しいです。 尚、Wワーカーなのでお返事が遅れることがあります。その旨ご了承ください

2014年01月05日

好事魔多し

34歳で住宅ローンを完済した後・・
安心感と義務感からの解放で一時期、虚脱状態でした。
当時やっていたパン屋さんのバイトも辞めました。これは自主的に、と言うよりパン屋の親会社の倒産により、アルバイトの給料が支払えなくなった為です。
良いバイト先でしたが、頃合いも良かったのでしょう。

本業の会社員はやっていましたし、年収的にも600万円を超えていました。
第三者から見れば、順風満帆の状態。それでも私自身は自分自身と現状を信用できていませんでした。

「こんな状態は、何時までも続かないだろう」と・・

それ故に、貯蓄ペースに大きな変化もなく、35歳・36歳・37歳・38歳の4年間で約1200万円の貯蓄。
これが現在の株取引に使っている資金の原資になっています。

転機
37歳の時、長男 ヒモタヌキが誕生しました。
そして・・
平成17年・・
突然の体調悪化・・歩けなくったのです。当時は原因不明状態。
17年初頭から体調が悪化し、同年11月末に会社を退職。
上司、同僚から驚きの声が上がるほど、意外な退職選択に見えたのでしょう。

翌18年2月に同業他社へ転職するも、体調が悪化。
そして・・「変形性股関節症」の診断が判明。

19年2月 退職
19年3月 変形股関節症の手術で入院。約1年1ヶ月の自宅療養に突入。
この間、無職でしたが傷病手当の申請により、弱冠の収入があり、家計は赤字にはしませんでした。
貯蓄を取り崩すことはありませんでした。

・・この辺は「計算式」を弾いての手術への決断でした。
貯蓄金額、自分の年齢、子供の年齢、保育園料への影響、傷病手当の受け取りが可能かどうか・・この辺が私が算盤を真剣に弾いた初めての経験だったのではないかな。

例として、本来の会社員収入で私が支払うるべき保育園料は月額25000円〜30000円だったでしょう。無職無収入、病気理由で私が支払っていた金額は月額 約5000円程でした。

「計算高い」といわれる所以ですね

20年1月末 担当医師から就業許可が降り、ハローワークにて雇用保険の申請と転職活動を再開。

20年5月 現在の新聞販売店にて朝刊配達を始める。
転職活動の長期化に備えてのバイトでした。40歳の中年が病気療養で履歴書の空白が1年以上あるので、簡単に転職できる、とは思えませんでしたから。
事実、面接では「空白期間」を問題視され、数社に落ちていました。

傷病手当から失業保険の収入に頼った約1年半・・丁度、5月末に公的収入が途絶えたとき、転職先が決まりました。
現在の職場です・・
悪運だけは強い・・そう自分でもそう思います
・・
「好事魔多し」
どれほど順調に見える時を過ごしても、暗転する時があります。平成17年からの4年間、男性の厄年を迎えた頃の私がそうでした。
それでも復活できたのは、家族の支え{奥さんのパート勤めと介護}と経済的に住宅ローンがない持ち家を所有し、且つ貯蓄が1千万円を越えていたことがあります。

自分自身と好調時の現状を信用していなかった事が「備え」として機能しました。

私たちの40代後半前後から60歳代前半はバブルを経験しています。今の20歳代、30歳代が「信じられない」時代を‥です。
時代が変わり、昨年からの金融政策で物価は上がるが、賃金は変わらない。
現在は雇用情勢は悪化し・・例を上げれば、ソニーがまた工場閉鎖を発表しました。私と同世代の中高年で職を失った男性には復活が難しい時代にもなってきました。
リストラ対象は40歳代からになり、正しく、私と同世代が路頭に迷う時代です。

バブル時代からリストラ時代の中で、この先「50歳代」に何を持っていくか・・試されている、そんな気がしています

若い世代の方へ{特にヒモタヌキへ}贈ります
貯蓄しろ! 倹約をしなさい!
・・
等と言う馬鹿げた事はいいませんし、説教もしません。
私も貯蓄や倹約って嫌いですから・・だって楽しくないでしょ?

基本、散財や成金、やりたい放題という言葉が好きですし‥
20歳前半の若者から見て、40,50歳代の中高年、初老の世代にも確かに「20歳代」という時代は存在したんです。その辺を考察してみても良いかもしれませんね




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

親父日記 ブログランキングへ

育児・小学校低学年 ブログランキングへ


posted by himotanuki-f at 07:51| 愛知 ☀| Comment(0) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: