相互リンクを募集しています. リンクフリーにはしていません 「変形性股関節症及び脊椎分離症」 「小遣い及び仕事に頑張っている方」 「節約系」 「株式及びFX投資」 に絞りたいと思っています。 興味のあるかたはコメント等頂ければ嬉しいです。 尚、Wワーカーなのでお返事が遅れることがあります。その旨ご了承ください

2014年01月13日

回顧録 終幕

現在の会社に転職し5年・・
年収で言えば最盛期から200万円以上のダウンです。元々、製造業というのは残業手当、交代制における深夜手当等を含めて「まともな給料」という側面がある。基本給だけで税金などを引かれては手元には残らない。求人に載っている大手自動車メーカーの期間工の給料をみれば一目瞭然だ。
27〜28万円と大きく書かれている下に、必ず残業時間、深夜手当〇〇時間を含むと書かれていますね。

200万円以上のダウンであっても、社会保険や厚生年金に関して負担が軽減されているから、文句は言えません。
我がヒモタヌキ父家は生活水準が低いので、現時点、子供が小学生のうちは年間支出が200万円で収まっています。収まっている間の5年間で株式投資に使っている元金を増やしてきました。生活費などの必要経費を引いた全額といいてもいいでしょう。

何故? そこまでして投資にお金を回しているのか?

理由はサラリーマンのロマンとしか言いようがない。
お金はまとまらないと効力を発揮しない。故にまとまった資金で投資をしないと利益率も悪い。
NISAで100万円枠で投資しても昨年末のmixi株の様に化けないと旨味は少ないでしょう?

果実を収穫するには種ができてから・・基本だと考えています
私の種銭は、此処までで終了。
現在の貯蓄におけるバランスが無茶苦茶悪いので、今後はその辺りを改善します。
何といっても、現金預貯金が18万円{昨年の収入の残金}しかないからなぁ。
ヒモタヌキの教育費と預貯金率の向上が今年のテーマです。

この回顧録を書くきっかけとなった「株式投資資金の元金」云々・・umiさんからのコメント{13年12月7日記事}
・・有難うございます。

あまり参考にはならなかったでしょう。FPの勉強をした時に「住宅ローンを4年で返す」方法なんて参考書に載っていないしですし・・。
資格はあったほうが良いに決まっていますが、それ以上に知識を現実にフィードバックさせる事が必要だと思っています。
私も若かかりし頃は「資格をとろう!」と教材費にいくら使ったことか‥
まともに試験合格したのは宅建だけでしたが‥
宅地建物取引主任者、行政書士、ファイナンシャルプランナー・・知識の蓄積を現実生活に、如何に反映させるか・・・・

私の様なしがないWワーカーで朝刊配達員でも、出来る事もありますから、上昇志向のある人なら、もっと上手くいくことでしょう。



まとめ
現在の元金のうち、約350万円は奥様からの資金提供。それ以外がほぼ給料からの移動です。
株取引での売買益はほとんどない状態・・自慢にもならない!
昨年に利益でさえ「元に戻した」だけで、今年の確定申告では税金が還ってくるレベル・・
リーマンショックの痛手は大きかった・・

個人投資家で勝ち組は10%もいない・・

激しく同感です



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

親父日記 ブログランキングへ

育児・小学校低学年 ブログランキングへ



posted by himotanuki-f at 06:01| 愛知 ☀| Comment(4) | 回顧録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「個人投資家で勝ち組は10%もいない」。そんなに厳しいのですか。株をやってる友達が「今年も儲かってない]と言ったのは本当だったのか。
Posted by umi at 2014年01月15日 21:25
umiさん

お早うございます。
いないでしょう。株取引というと「お金を使って、下げた時に買って、上げたら売ればいいいだけで、何の苦労も要らない」と放言する人も{身近に}いますけど、リスクをおっていますから。

今週の13日、14日の日経の動きをみたら、わかりやすい例ですね。
雑誌やメディアで「○円儲けた個人投資家・・」というのが紹介されたりしていますが、少数だから紹介されているんです。大多数が勝っていたら珍しくもなんともないでしょう?

100戦して1勝99敗でも勝てる人もいれば、99勝1敗で退場する人もいます。

私の戦績も、負けが多いですよ
Posted by ヒモタヌキ父 at 2014年01月16日 03:35
信用取引を多用したりすると やはり9割の負けに入る確率が高くなると思いますね
信用・・ってな言葉に騙されてしまいますけど
証券会社にカネ借りてやってるんですから・・

クレジットローンは嫌な人でも何故か信用取引やってる人もいるけど。。
基本は同じでしょう。。

株は中長期視点でやれば大体勝てますよ
とにかく 相場が大きく冷え込んでいるときに
底をさらうように買うのです
リーマンショック直後、あるいは大きな天災 大事故の後 とかだね。

自分はそういうスタンスでやってますが 昨年度はかなり利益出ましたから。

まぁ・・人と同じ行動では駄目ってことね。株には そういうことわざもあるけどさ。
Posted by たまに拝見 at 2014年01月16日 16:20
たまに拝見さん

コメント有難う御座います

至言、金言ですね。
信用の最大の欠点は「買いすぎ、売りすぎ」ではないか・・と感じています。

元金の約3倍の資金を使えるみたいですが、気が大きくなるのかな?そこまで無理をするほどでもないでしょう。
未だ未経験なので感覚的なものですけど。

基本的に気が小さいので、自分の原資を大きく超える取引は怖いです。
Posted by ヒモタヌキ父 at 2014年01月17日 02:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: